結婚式での費用の内訳は?支払いはどうするの?

費用の内訳も確認しよう!

結婚式場を見てどこにするかを考えている時間はとても楽しいですが、費用に関して考え始めると頭を悩ませて苦笑するカップルも少なくありません。ブライダルフェアや説明会などで見積もりを見て検討することになるものの、どれだけの人数を呼ぶのかでも変わりますし、料理や衣装などの細かい部分でもかなり違ってきます。挙式の部分でも、式場利用料やチャペル利用なら牧師や聖歌隊といった詳細な記載があります。披露宴でも飲食物やテーブル装飾、引き出物等のいろんな内容で金額が発生します。そして新郎新婦の装いなどの準備でもかかってくるので、見積もりが出てきたらきちんと内容を確認して、分からない部分はプランナーに聞くようにしましょう。

支払いはいつ頃するの?

結婚式にかかる費用はかなり高額なので、支払いに関しても早めに済ませてしまいたいと思っている方は多いです。基本的には支払うタイミングは2回あるのですが、1回目は契約や申し込みの際に内金を支払うときです。金額は内金なので5~10万円程度となります。本契約ではないので、ここでキャンセルが発生した場合でも内金は基本的に帰ってこないと思っておきましょう。続いて支払いを行うのは打ち合わせなども進めてきちんと全ての内容が確定し、金額もきっちり算出されたときです。支払うのは当日や事前、または結婚式を終えた後など式場によっても違ってきますので、間違いのないタイミングで支払えるように準備をしておくと安心できます。

名古屋の結婚式場は各地区にたくさんあり、ガーデンやホテル、チャペルなど選択肢も多いです。自分が納得できる結婚式場をセレクトしましょう。