オーダー家具が欲しい!失敗しないために知っておきたいこと

お金については曖昧にしない

オーダー家具を作る際には、曖昧にしてはいけないことがあります。中でも費用に関しては重要で、慣れていない人はおおよその値段を伝えてオーダーしてしまいます。すると職人はできるだけ良いものを作って渡したいため、予算の上限一杯で作ります。中には少しオーバーした状態で製作するケースは珍しくありません。すると支払いをする段階になって、予想外に高額な値段で驚くなどといったことは少なくないのです。そのようなことにならないために、きちんとした金額を出しましょう。もしも安くしたいならその旨を伝えておくと、安価な材料を使用してもらえます。

寸法とデザインとカラーについて

店舗に行き、作って欲しい家具の大きさを手で「これくらい」と示す人がいます。または「大体何センチくらい」といったオーダーをする人がいますが、これはトラブルの元です。腕の良い職人ならどの辺りに置くのかを言うだけで、家具の大きさをイメージできます。しかし正確ではないため、完成したものを持ち帰ると大き過ぎた、反対に小さいなどといったことになりかねないです。そのためしっかりとメジャーで測ってから注文するようにしたいです。

それからデザインは具体的であればそれだけ希望しているものに近い家具を作ってもらえます。そこで紙に描いておくのが良く、絵で表現できなかった箇所は口で説明しましょう。店舗によっては、お客さんの絵を元にしてその場で完成予定図を描いてくれるので下手でも構いません。最後に気をつけておきたいのはカラーで、店舗と自宅で使われている照明が違うと、色合いが変わることがあります。それを避けるためには、オーダー家具に使う材料のサンプルをもらい、自宅で見てみましょう。

和モダンなお店はどのようなお店かというと、和風なのにアクセントとして洋風のものを利用しているなどの特徴があります。